きょうもきょうとて飯を喰ふ

基本「食」関係をなんでも。UberEATSの登録はこちらからどうぞhttps://partners.uber.com/i/hrzv1x

出入国管理法改正‐外国人が増える危険について

外国人が急激に増えたのは2016年だと思います。

私はこの1年間はフランスに行っていましたが、帰って来て中国人や韓国人もそうですが、中東系と見られる外国人が増えていることに驚きました。

2016年の初め、つまり私がまだ東京にいる時は、中東系の外国人なんてまったく家の周りで見たことなかったからです。

 

あれから数年経ち、コンビニにはほとんど日本人がいなくなりました。ラーメン屋などほとんどの飲食店からは日本人店員がいなくなりました。

 

なら単純に人手不足が解消されたのでしょうか。

 

皆さんが不安がるように、今後外国人が増えるにつれ、治安は悪くなっていきます。

適当なことを言っているわけではありません。

 

私は、これまでヨーロッパに滞在することが多かったですが、いわゆる「移民」の犯罪が多いです。

スリや無賃乗車などをしている人間は大体黒人や中東系でした。

 

「移民=治安が悪くなる。」という図式はなぜなりたつのか。

それは、単純に彼らがお金がない金目当てでしか来てないからです。

 

そもそも、治安が良いという事はどういうことでしょうか。

私は、「ルールを守ること」だと思います。

「ルールを守ること」とは言い換えれば、「自分勝手なことをしない」ということです。

では、どういう時に「自分勝手なことをしない」でしょう。

それは、「余裕がある時」です。

 

「ルールを守る」

「自分勝手なことをしない」

「余裕がある」

 

皆さんも考えてみてください。

 

例えば、食料を得る手段がスーパーで買い物しかないとします。

経済的に問題がないとき、万引きをしようと思いますか?

思いませんよね?

では、お金が全然なくて、もう何日もご飯を食べていない時でも、万引きしないと言えますか?

断言できる人はいないでしょうし、断言するような人も実際そういう事態になったら「ごめんなさい」「仕方ないんだ」と思いながらするでしょう。

 

「衣食住足りて礼節を知る」という言葉があるように、人間生きるのに必要なものに余裕がないと、他のことはおかまいなしになります。

 

また、教育レベルというものもあります。

教育レベルの高い人と低い人が集まる場所があるとして、どちらが治安が良いかはイメージがつくでしょう。

学生時代頭が悪かった人は、先生にケンカ売ったりと態度も悪くありませんでしたか?

逆に、頭の良い人がごろつきが徘徊する町で他人にケンカをふっかけるイメージはありますか?

 

いまの政策で呼び込んでいる外国人は引く手数多のエリートではなく、恐らく自分の国でも大した仕事にありつけない人ばかりです。

 

そんな人ができる仕事は……言わなくてもわかりますよね?

 

当然お金はそこまでもらえません。

つまり、余裕はありません

 

また、高等教育機関を卒業してわざわざ日本までアルバイトに来る人なんていないでしょう。

つまり、教育レベルも低いです。

 

そして、ある意味これが一番重要ですが、彼らは「日本に来たくて来てるわけではない。」という事です。

もし、その国のことが好きで来ているのであれば、その国の人間に合わせようとするはずです。

例え最初は知らないことばかりで苦労しても、がんばってその国の一員になろうとするでしょう。

しかし、今の政策、そしてその改正で来る外国人は「お金目当て」です。

別に日本が好きで来てるわけでないから、日本人に合わせようとする意志は極めて薄いです。

 

お金目当ての人間がそのコミュニティに合わせる努力をするでしょうか?

ましてや、言葉も習慣も全く違うため心労が半端ではありません。

こういった人間が何をするか。

自分たちでコミュニティを作るのです。

それがすなわちチャイナタウンであったり、コリアンタウンです。

 

つまり、外国人…正確に言えば、「お金のない外国人」を大量に取り入れるという事は、治安悪化だけでなく、

日本国内に小外国を作ることになるのです。

私はこれを個人的に「平和的侵略」と呼んでいます。

 

大げさだと思いますか?

実際、日本に限らず、各国のチャイナタウンのような外国人コミュニティには、その国に10年いるにもかかわらず、その国の言葉を話せない人がいます。

そのコミュニティでは、その国の習慣は関係なく、外国人たちの独自の習慣がまかり通っています。

これが増えれば、その内、日本なのか外国なのかわからなくなっていくでしょう。

 

私は、海外に行く機会が多く、外国人の友人も多いです。

パッと考えるだけでも、日本人よりも外国人の知り合いが多いと思います。

しかし、日本のこの政策には絶対反対です。

なぜなら、ヨーロッパでは実際にここまで書いてきたことが起きています。

もうお忘れですか?

移民を大量に入れたドイツで大事件が発生したことを。

ケルン大晦日集団性暴行事件 - Wikipedia

 

必要なのは「認識」「意思」です。

 

「おれ一人がどうこうしたって世の中変わるわけない。」

その通りです。

あなた一人で世の中を変えることは極めて難しいでしょう。

しかし、大衆なら違います。

大勢の意見はどういう状況であれ無視されません。

そして、その大衆とは人が、1人1人集まった集団のことを言います。

 

ですので、日本人の1人1人が「外国人増加の危険」を認識し、「好き勝手にさせない」という意思を持つのが最善です。

そして、仲間内でもTwitterでもFacebookでも、なんでもかまいません。

「あんまし良くないんじゃない?」

程度でも良いです。

その意思を軽くで良いので表明してください。

初めは、気にも止まらないような小さな波ですが、波は1つ1つ集まって大きくなっていきます。

 

実際、「外国人の増加」、「外国人増加による危険」も初めは小さな波だったのが、いまあなたが認識するくらいに大きなものになっています。

 

あなたの家の周りが小便臭くなっても良いのですか?

あなたの家に強盗が入っても良いのですか?

あなたの奥さん、娘、姉妹がレイプされても良いのですか?

【UberEATS】Yahooニュースの記事は正しいのかチェックしてみました

配達員登録ページリンク

https://partners.uber.com/i/hrzv1x

<はじめに>

11/24(土) 8:57配信

 

こんな記事がYahooに出るほど知名度が上がってきたUberEATS。

でも思いません?

「この記事って正しいの?」って

 

ひねくれ者の私はこういうニュースとか見ると、

「本当か?一部だけ誇張してない?」

って思ってしまいます。

 

というわけで実際に配達員をしている私から、この記事の内容が正確かどうか照らし合わさせていただきたいと思います。

(配達員はランダムに選ばれ、また地域や時間帯によって傾向が変わるので記者と私の経験が異なることは自然であることを前提にお読みください。)

 

記事中の文章を引用しつつそれがあっていればYES、間違っていればNOと判定させていただきます。

 

<記事は正しいか?>

恵比寿や秋葉原といった交通の便がいい場所にある、UberEatsの営業センター~

???

恵比寿には確かに「パートナーセンター」という記事で言う営業センターがあります。

しかし、秋葉原にあるとは聞いたことないです。

新宿には11/2から営業開始しているのがあるのは通知が来ているので知っています。

これ本当なの?

 

自転車やバイクなど配達の手段を持っていれば実質ゼロ円で配達員として働き始める~

NO

スマホがないとダメです。

配達用のアプリを利用するためのデータ通信契約や、お客様と連絡を取るための電話契約も必要です。

 

~低額で配送料の自転車・バイクをレンタルすることも可能。~

YES

近年街中で見かけるいわゆる「赤チャリ」と呼ばれるレンタル自転車を利用されている方をよく見かけます。

 

~バッグ内部には梱包材や衝撃を抑えるためのものは用意されていない~

YES

バッグはそれだけだとスカスカです。

飲み物1つだけ頼まれるお客様もいるので、倒れないように支える物を自分で用意しないといけません。

 

ナビゲーション機能がついているので、迷わず配達先まで行ける~

NO

下の画像はアプリの画面です。

黒いのが目的地(レストラン)

青線がナビです。

f:id:mimiz9:20181124230707p:plain

 ぜんっぜんずれてますよね?!

9月ぐらいのアップデートまでは一応道に沿ったナビでした。

(それでもめっちゃ遠回りとかで使い物になりませんでしたが…)

しかし、アプデからは

「大体こっちの方向ですよ~」

くらいの参考にしかなりません。

画像にて、右側の庭園を突っ切ってるようにビルも川も突っ切るナビなので全く役に立ちません。

したがって、

地理に疎い地図が苦手な人はダメです。

 

~数百メートルほど違う場所に案内されてしまいました。最終的には自分で場所を特定しなければいけない~

 YES

目的地が大通りのど真ん中になってることがありますし、建物がずれてるなんてしょっちゅうです。

 

~UberEats初めての配達で稼いだ517円…~

YES

配達距離によって変わりますが大体400~600円くらいが自転車だと多いです。

 

~「だいたい10分ほどで配達が終わるように配達員が選ばれる」~

NO!NO!NO!

この言い方は語弊がありますね~

勘違いする人多いと思います。

 

配達依頼を受けた場所

↓ 約10分

レストラン

↓ 約10分

配達先

 

合計 20分

これは私がいままで行った過去1年以上の配達記録から算出したデータです。

詳細は下表参照。

区間 平均時間(分)
依頼→レストラン→配達完了 20.7
レストラン→配達完了 11.3
依頼→レストラン 9.4
 

この書き方だと「10分で全てが終わる。」ように見えますが、実際はこのくらいかかります。

もちろん近かったら5分程度で終わる時もあります。

逆に遠かったり、2件同時配達があると2件目の人に配達されるのは依頼から1時間後ということもあります

 ダメですよ~適当なこと言ったら~

私みたいに細かくデータ取ってる人間もいるんですから。

~「依頼者がいない」「全く違う場所が表示された」~

YES

というか住所書いてない、連絡つかないがしょっちゅうです。

 

~3日間体験して、時給1000円に届かない~

 YESNO

 一番重要なところ、時給換算するといくら?ですが。

これは時間帯や、休日などの条件によって変わります。

UberEATSには上記のように配達依頼が多いないし配達員が少なくなる際は配達報酬が上がるシステムがあります。

私はほぼこの上がってる時しか配達しません。

その場合での詳細データをこちらの記事に載せているので見てみてください。

 

 

報酬が上がっていて依頼もばんばんくれば1時間半で2000円以上行ける時もあります。

ですが、そんな日はそんなにないです。

上の記事のデータでは一応時給換算1000円超えてますが、9月からまた渋くなりました。

少なくとも、丸一日UberEATSをやる!

UberEATSで生活費を稼ぐ!

くらいガチでやると、報酬アップの時間帯以外で動くことも多くなるし、ピーク時以外はそもそも配達依頼が全然来なくなるので時給換算における数字は低くなるでしょう。

 

<まとめ>

今回、Yahooニュースに記事が取り上げられ、

「本当にちゃんと書いてんの?」

野次馬根性適当な事書かれたらなんか不愉快という気分で記事を書きました。

結論は

適当だな~

と感じる部分が多いです。

 

とりあえず記事にできるくらいの情報取集はしたんだな。

記事に出来さえすれば情報の正確さはあんまり考えてないんだな

っと言うのが正直な感想。

 

この記事はあまり参考にしない方がいいでしょう。

UberEATSを本気で考えている方は僭越ながら私含め様々な方がブログを書いていらっしゃるので、そちらを参考にするとよいでしょう。

なお、配達員登録ページのリンクを貼っておきます。

https://partners.uber.com/i/hrzv1x

 

以上です。

ありがとうございました。

 

【UberEATS】2件同時配達を飲食店に拒否された時にはどうすれば良いか

<2件同時配達(ダブル)を拒否る、店がある。>

UberEATSでは2件同時に依頼を受注し、同時配達を行うことも多くはありませんが少なくないと思います。

Twitterとかだと「ダブル」と呼ばれていますね。)

 

ところが、中にはそれを拒否する店があるのはご存知でしょうか。

 

(詳しくは下の別記事の③賀丸屋を参照下さい。)

 

私はUberEATSを1年以上やっており、エリアもメインどころは大体回ってますが、こんな店は今のところ1件(賀丸屋-高田馬場)しか知りません。

それだけに、恐らく本件の経験がある人は少なく、いざ自分の身に起こった時、混乱してしまう方は多いのではないでしょうか?

私は混乱して言うとおりにキャンセルしてしまいました(笑)

これについて、明確な情報を仕入れましたので共有したします。

 

<UberEATSの回答がめちゃくちゃで正しい対応がわからない>

まず、経緯を説明します。

前述の通り、私は賀丸屋に初めて2件配達で行ったときは店に言われるままキャンセルしてしまいました。

その後、よくよく考えてみると、

「あれ?これ店は損してないし、UberEATSも損してないけど、配達が1件できなかったばかりか”キャンセルした”というネガティブな記録が残るだけで

おれだけ損してない???

 

というわけで、UberEATSに電話連絡。

すると回答は

店側でのキャンセルになります。」

とのこと。

 

それから数か月後、また賀丸屋で2件配達でした。

店に行くと案の定、

「1件キャンセルして!」

と言われたので、UberEATSに問い合わせて回答を得ている旨を告げ、キャンセルは飲食店で行ってくれるよう伝えたところ

………

 

「おれはUber配達員にキャンセルしてもらってって言われてんだけど?!」

「てかこっちの機械じゃキャンセルできないっぽいし」

 

なんということでしょう。

同じUberEATSからの回答なのに、見事に食い違っています。

当事者であるUberがいない中、ここで2人で喧嘩していてもしょうがないので、渋々引き下がってキャンセルしました。

(賀丸屋マジで嫌い)

 

というか困りますよね。

 

結局、

2件配達拒否の場合、キャンセルは誰がするの???

 

<UberEATSの正式な回答>

 今回の情報はUberEATSのサポートセンターの管理責任者の方から直接いただいた回答になります。

(回答をいただいた経緯に関しましては省略させていただきます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飲食店側から2件同時配達を拒否された場合

  1. 注文番号を控える。
  2. 配達員側で1件をキャンセル処理
  3. UberEATSに、メッセージ(後述)で注文番号と、店側の都合でキャンセルの旨を伝える。
    (配達中や配達直後でなくても構わないそうです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが、少なくとも2018年11月15日時点における正式手順です。

私が以前UberEATSから受けた

「キャンセル処理は飲食店側で行う。」

は、当然ながら間違った回答でした。

回答が間違っていたことにつきましては、管理責任者様より、直接「間違った案内」という回答と、謝罪を頂戴しております。

 

ですので、もしブログやネットの掲示板などで、上記手順以外の情報が載っている場合は、間違った情報である可能性が極めて高いです。

 

なお、上述の注文番号を控えたりUberEATSに報告するのは必須ではありません。

ただし、これをやらないと記録上は「配達員都合でのキャンセル」扱いになります。

先日、「キャンセル多いとアカウント停止」というメールが来ました。

この場合のキャンセルはピックアップ後のキャンセルのことがメインだと思いますが、今後過去の失点がどう影響するのかわかりませんので、念のため行った方がよいかと思います。

(というか賀丸屋がUberEATSからいなくなればそれが一番楽……)

 

メッセージとは、Helpから「事故にあった。」や「料金が間違っている。」などの報告を行うもののことです。

タイトルはなんでも良いです。

要望などもこちらから行います。

私はよく「事故にあった。/ I was in an accident.」で要望やらなんやらを送ります。

<今後の対応について>

今回私はUberEATSの責任者の方から回答をいただきました。

しかしながら、制度は時間とともに変化する可能性があります。

一方で、UberEATS電話対応まっっったく信用できないことも事実です。

 

配達員側のキャンセル処理なので、店に

「2件ダメ!」

と言われたらはいは~いとキャンセル処理すればいい話です。

なので、特に何か店ともめることはないかと思いますが、万一何かの理由でUberEATSに電話する必要ができるかもしれません。

その時、もしあなたの対応担当が

「2件同時配達を拒否される場合は店側のキャンセルになっています。」

という回答した場合は念のため確認した方が良いでしょう。

UberEATSの電話対応はほんと信用なりませんからね。

 

なので、

「2018年の冬には、配達員がキャンセルするというのが正しいと、責任者から回答された人がいる。」

と念押しすることを推奨します。

これなら次の回答は

「間違いでした。申し訳ありません。」

「いついつから変更しました。」

のどちらかになるはずなので、正確な処理ができるかと思います。

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

【出前・食事配達】UberEATSとか使ってみたいけど怖いという人へーメリット・デメリット

<はじめに>

昨今、「UberEATS」出前館など食事配達サービスが充実してきています。

Lineですら参入しているので、今後はイオンやイトーヨーカ堂なんかも参入してくるかもしれませんね。

出前サービスは便利ですが使ったことのない方にとって

「大丈夫なの?」

と不安があるかと思います。

私はUberEATSなど誰でも登録できる配達サービスに配達員として登録しています。

配達の実情などを語りながら、ご利用の参考にしていただければと思います。

 

<メリット>

便利

たぶんこれ以外のメリットってないと思います(笑)

この手のサービスはまさに「便利」につきます。

  • 料理するのが面倒
  • あの有名店のご飯が食べたいけどわざわざいくのは面倒
  • 体調悪くて作れない。

仕事の都合や住んでる場所など、主に時間的な理由が多いと思います。

六本木などではゴールドマンサックスなど、有名な企業のところに運びに行くことは少なくなく、時間を惜しんでいる人に非常に有益だと思います。

 配達料はかかりますが、それを気にしなければ素晴らしいサービスです。

<デメリット>

1、どこの誰が運んでくるのかわからない場合がある。

配達員は主に以下の2種類です。

  • その会社の社員である。
  • その会社と関係がない

前者はアルバイトなどです。

例えば、楽天デリバリーUberEATS「食事を運ぶ」という点で同じです。

しかし、楽天デリバリーの配達員は楽天の社員(アルバイト)であるに対し、UberEATSの配達員は社員ではありません

両方とも面接がありますが、楽天デリバリーアルバイトとして採用するかどうか見るのに対し、UberEATSはただの登録です。

つまり、同じ配達業であっても、配達員の性質が違います

  面接 社員? 配達員としての適性
誰でも登録タイプ(UberEATSなど) ただの登録・説明 No 考慮していない
正式入社タイプ(楽天デリバリーなど) 採用の是非を判断 Yes 会社が「有」と判断

 

2、配達員の質が低い

◆外見‐清潔感がない

やっている自分が言うのもあれですが、UberEATSなど誰でも登録できるサービスの配達員は"質"が低いです。

そもそも年齢が高い。

やる前は「たぶん大学生ばかりだろうな。自分(28歳;;)は浮くだろうな~」と思ったらおっさんばかり。

いや若い人もいますけど、ほとんどがおっさんです。

おっさんが悪いというか「えっその年でこんなことやってんの?それって……」って考えちゃうってことです。

それも、失礼ですけどどう見ても人に尊敬されなさそうな人ばかり見ます。

  • 身だしなみが整っていなく汚い。
  • リュックのポケット(ついている場合)にお菓子などのゴミを入れっぱなし。

こんな人がほとんどです。

 

だから私自身は絶対にUberとか頼みません

 

中には運動不足解消目的でされている人もいると思います。

そういう感じの人は見た目がちゃんとしています。

ただ、そういう感じの人を見たことは少ないです。

 

◆内面‐知性は低い

以下の画像はある配達サービスグループチャットです。

f:id:mimiz9:20181109195407p:plain

お分かりいただけるでしょうか。

このグループチャットは会社からの業務連絡用であり、チャット名にはちゃんと「書き込み不可」とされています。

それにもかかわらず、書き込んでいるばかりか「個別で連絡する。」指示を出されているにもかかわらず書き込みを続けています

一番下のやつに至っては、この件とまったく関係ない上に、内容的にもまったく無意味な書き込みをしています。

 

一応ですが、このやり取りだけを槍玉にあげているわけではありません。

  • 書いてることを読みもしないバカ
  • 人の話を聞かないバカ

こんなバカが非常に多くいます

(登録時にも「書き込むな」という説明はちゃんとあります。)

登録者は子供ではありません。

いい年した大人です。

ですが、こんなレベルの人間が配達員なのです。

 

3、ちゃんと届かない場合がある

UberEATSのような社員でないタイプのデリバリーは配達されない可能性が大きいです。

はっきり言ってUberEATSなど社員でない配達員はアルバイト以下です。

(恐らく書類上ニート扱いです。)

 誰でも登録できるというのは裏を返せば選ばれない人間の集まりです。

学生ならともかく、いい年してこんな金の稼ぎ方をしている……

そんな人がどれほどのものか、想像できますよね?

 

前述の通り、グループチャットで配達員の書き込みが見れるタイプだと”バカな配達員”の存在がわかると思います。

(そもそも会社側からの一方的な連絡用なので、「配達員の書き込みが見れる」自体おかしいのですが…)

 

経験上バカほど怖いものはありません。

頭が良い人なら論理的に考えて行動するので、常識外れのことはしないし、例え一見おかしな行動でも理由を聞けば、その考えを理解することはできます。

しかし、バカ行動が感情的で、考えも的外れ

したがって、嫌なことがあれば配達を途中でやめたり、私たちが予想もしないような行動をする可能性もあります。

配達物食べてしまうとか…)

実際Twitterを見てると

「急にキャンセルされた。」

「届いてないのに"配達完了"にされた。」

というツィートは見ます。

 

<まとめ・利用アドバイス

UberEATSなどのデリバリーサービスは大変便利です。

しかし一方で、利用するサービスによっては、

  • 配達されない。
  • 汚いおっさんが運んでくる。

というようなリスクがあります。

もちろんすべての配達員がそうではありません。

配達員の知性の低さなど散々批判しましたが、

・運動不足解消。

・主夫/主婦だけど、子供がいない間に仕事したい。パートと違って何かあったときにすぐ仕事を抜けられる。

などなど、個人によって真っ当な理由を持って活動されている方もいるでしょう。

そういう人はたぶん”まとも”です。

私の場合は、運動能力を取り戻すことが主な理由です。

接客に対しては新卒ですぐ顧客対応をしていたこともあり、飲食店様やお客様のご不快にならないよう丁寧に応対させていただくことを心がけております。

もちろん、丁寧な人は見かけます。

(1年以上やって2人くらい)

 

私はUberEATSなどの社員ではないので、実際どれほどの「不配達」があるのかはわかりません。

登録者のリストを見れるわけでも、直接会う段取りがあるわけでもありません。

しかし、配達員として活動する中で実際に上述のようなリスク見聞きしています

 なので、「こういうリスクがあるよ。」ということで書いています。

 

「大丈夫なの?」

と聞かれたら私は

「あんまし大丈夫じゃないよ。」

答えてます。

 

主に上2つの理由を挙げ、友達には

「使ってくれた方がおれの実入りが増えるだろうけど、やめたほうがいいよw」

と答えています。

 

じゃあ利用しない方がいいの?

でも利用してみたい。

 

という場合、

僭越ですがアドバイスです。

  • ホームパーティなど大切な日イベントに利用するのは極力避けましょう
  • 使おうとするサービスの利用規約などを確認できるだけ社員が配達するサービスを利用しましょう
  • 「最悪届かなかったらコンビニで我慢しよう。」などの低期待&予備案を心がけましょう。

 

この手のサービスは便利です。

しかし一方でリスクもあります。

そして、あなたにそのリスクが訪れる可能性は十分あります

 

”便利””確実性”の両方を考え、利用の判断をしてください。

 

もちろん私は住所をちゃんと書いて、万一住所に間違いとかあっても連絡が取れるようにしていただいていればちゃんと配達しますよ~

(住所不備、連絡つかないじゃどうしようもないですし、Uberでは規約上条件を満たせば配達完了してよいことになってます。)

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 追記

UberEATSなど誰でも登録できるタイプでは外国人も大量に登録させています。

そういう人たちの日本語力はあまり重視されていません。

実際路上で声をかけて「ワタシ日本語ワカリマセン」という外国人配達員いました。

そういう人たちが道に迷ったりしたとき、果たしてちゃんと届くでしょうか?

 

 

 

 

【UberEATS】広尾2-10の壁【注意】

東京は変な道多くて大変ですよね。

中でも特徴的な場所を注意として紹介します。

 

今回紹介するのは

渋谷区広尾2丁目10番地です。

 

ここに配達する場合、たぶん

交差点「青山六丁目」からのアクセスの関係から、

交差点「山種美術館前」

を左折してくるのが多いのではないでしょうか。

その場合、下地図赤線の道に入ると思います。

 

また、恵比寿方面からは、

交差点「広尾1丁目」

より1つ左の交差点から来ると思います。

この場合は下地図赤線青線のどっちの道に入るか迷うかもしれません。

 

広尾2丁目10番地に配達する場合はまず間違いなく赤線の道からは入れません。

赤線右手はず〜っと壁になっており、裏口はないし、青線の道に行ける小道もありません。

f:id:mimiz9:20181109135041j:plain

ですので、当該住所に配達に行く場合は、最初から青線の道に入るルートを取ってください。

赤線の道に入る場合は、地図下の折り返すことを前提にしてください。

 

たぶん初めて来ると

「あれ?入り口がない/通れない。」

と混乱すると思います。

 

記憶の片隅にも残り、ここに配達する時の参考になれば幸いです。

 

以上、注意換気でした。

【UberEATS】グローブはつけよう

UberEATSをやっていると、当然自転車やバイクに乗ります。

 

バイクの人は元々そうでしょうが、自転車でもつけたほうがいいです。

 

私は配達中こけたことはありませんが、別の配達員が目の前でこけたのは見ました。

 

左右どっちに倒れても必ず手は怪我します

都内は基本アスファルトで、それがやすりみたいになります。

そのこけた人も右手の小指の根元から手首にかけてグロい感じになってました

 

 また、雨の日はハンドルやブレーキが滑りやすく危ないです。

その点からもグローブをつけるようになりました。

 

一応参考に使ってるものをこちらに

 

MW 3GR エムテック 209533

(価格は画像のリンク先を参照ください。)

タッチパネル対応

最近バイクに乗るためにも買いました。

大体のグローブは先が細くなるつくりのため、どうしても指先に空間ができて使いづらいですが、このグローブは指の形に作ってあるので、しっかり指にフィットします。

タッチパネル対応のグローブは今じゃ結構ありますが、前述の通り、指先に空間ができることでグネグネして使いづらいですがこのグローブはフィットするので操作しやすいです。

生地は薄めですが弱そうではなく、肌触りも良いです。

欠点としては、縫いが雑っぽいところ。

私は東急ハンズで買いましたが、最初に手に取ったものは一部糸がほつれかけており、私が買ったものも人差し指の先が若干縫いが弱いところがあります。

上の画像はAmazonへのリンクになっていますが、ハンズなど直接お店で確認して購入することをお勧めします。

 

100均の軍手とかでもまぁいけると言えばいけます。

ただ、1000円程度するものは買った方がよい気がします。

ケチな私は最初100均の軍手使ってました。

しかし、すぐ指先に穴が開いてしまいます。

計算してみるとコスパ悪かったです。

また、そういった脆弱性を見ると、実際に転んだ時にほぼあってないようなものになるんじゃないかな~っと思います。

そういった点からも先のグローブを買いました。

 

UberEATSで最もトラブルが生じやすいのは、店先でも客先でもなく路上です。

安全運転をしていても、道路の状態他の人の事故に巻き込まれるなど事故の可能性はいつでもあります。

(チェーンがいきなり外れてすっころんだことあります。幸い配達中じゃなかったですが。)

できるかぎりの装備をして安全な配達を行いましょう

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【小型二輪AT】試験場·一発·落ちる

<はじめに>

今後、車が必要になる予定です。
私は車が嫌いだし、コスパ的にも125ccの二輪にしようと思いました。
いろいろ調べたり考えたりして、教習所まで行く必要はないと判断し試験場での試験に臨みました。
同じように受ける人、参考にしてください。

<慣れないと無理>

試験結果は、失敗

理由は「遅い」

安全確認とかコース覚えとかは大丈夫だったそうです。

以下、試験管に言われたこと

  • 「全体的に遅い
  • 「車使う?」

 (遅いという意味)

  • 試験場のコースをきれいに走るんじゃなくて公道でしっかり走れるかを見たいんだよね。」
  • 一本橋もっとがんばれない?」

 (遅いという意味)

  • 「クランクの進入が広がる
  • 本当なら前半でアウトだけど、様子見たかったから続けさせた。」
  • 急制動ちゃんとできてれば考えたけど、26kmしか出てなかった。」


原因は、「慣れ」です。

アクセル加減がマジでわかんない。
昔のマリカーみたいにちょっと速くしようとすると、グッと行き、緩めようとすると途端に一気に下がる。
アクセルがこれだとハンドルの切り替えも怖い。
(アクセルみたいにひどくはなく、自転車と同じくらいでしたが、最初の方は全然そんなのわかんないし……)
速度はともかく転倒は一発で
試験中止

必然スピードを低くせざるを得ない…

一本橋

開始前にふらついて右足ついたし、走り抜けたのも
「あっこれ完全にダメだ。走り抜けたほうがいい。」
と判断した結果です。
試験官が優しかったこともあり、完走はできたので、この判断は間違ってなかったと思います。

急制動

メーターで40km近くまで行ったのをちゃんと確認してはいました。
ただ、予想以上にエンジンブレーキの減速が強かったです。
ハンドルブレーキタイミングも自分ではジャストのつもりでした。
このことは他のブログでも
「ちょうどでやったつもりが早いと言われた。」
と、まったく同じことを書いていたので、思ったより注意が必要みたいです。

ちなみに私はブログか何かで
「ブレーキの2mくらい前でエンジンブレーキ開始」
とあったので、ブレーキポイントの手前のコーンあたりでアクセルを戻しました。
たぶんその時点で37km/hぐらい出ていたと思います。
けれど、ほんの一瞬で10㎞/hも下がってしまうんですね;;

※注意
試験場の原付はたぶんアドレス125だと思いますが、速度メーター10km/h単位で、しかも30km/hのところは「30」という記載がなく非常にわかりづらいので注意してください。

また、いろいろなところで
「カーブではポンピングブレーキ」
と書かれていたので外周のカーブでやったら、
「あそこのカーブでポンピングいる?」
と試験管に言われてしまいました。


これから受ける人は
●原付き50cc(免許あるなら)で練習する。
●公道で走るイメージを強くもつ。

ことをおすすめします。


そういえば最初にウィンカー出そうとしてホーンボタン押しちゃいましたね(笑)

鮫洲試験場はやめた方がいい>

「慣らし運転」ってどこも外周を2周だと思ってたのですが、鮫洲は違います

f:id:mimiz9:20181105163532j:plain
赤線部分が慣らし運転コースです。
長さ約320m
ほぼ試験場の半分を一周するぐらい。
全然「慣れない」
私はお金払って予約してしまってからコースを初めて知ったのでもうどうしようもありませんでした。

確かに鮫洲はきれいだし、都心でたぶん一番近いですが、そんなの試験に関係ありません

プロテクターとかゴム伸び切ってダブダブだったし…

<合格者はどのくらいか>

大型とかも含め全部で12人くらいいたと思いますが、合格してそうだったのは3~4人くらいです。

特に大型は転倒2名
波状路の一番最後に車輪が乗ったまま停止して試験中止1名

AT小型二輪は私含め4名でしたが、完走したのは私と私の前のおじさんだけ。
合格者1/40人
おじさんが合格してたかは、自分の番でそれどころではなかったのでわかりません;;

いずれにせよ、半分近くの人完走すらさせてもらえないような状況でした。

<最後に>

今回は落ちましたが、予想してもいました。
というのも、私は実質自転車以外乗ったことがありません。
最悪一本橋試験中止も考えていたので、むしろ完走できて上々だったと、終わって1時間たち冷静になった今は思います。

運転してみて、前半は生まれたての子鹿よりちょっとマシくらいだったのが、最後の方は完全にコントロールできていたので、2回目は行けるのではないかと思ってます。

なので、これから受ける人、
原付などで事前練習ができない人、
「1回目は試乗」
くらいに思うくらいがちょうど良いかもしれません。

私も次は行けると思います。
というか、さっきもそのまますぐ2回目行ったら完璧にやれたという自信があります。
それだけ、後半ではアクセル加減やブレーキ加減になれました。

……ただ、次が
12月
1ヶ月以上先

免許が今すぐいるという人は教習所の方が絶対にいいですね。
私が必要になるのは来年春なのでまだ大丈夫ですが……

あ〜先が長い!

以上です。
ありがとうございました。