きょうもきょうとて飯を喰ふ

基本「食」関係をなんでも。UberEATSの登録はこちらからどうぞhttps://partners.uber.com/i/hrzv1x

治せないのに金払わなければいけない 医者って理不尽じゃない?

どうしても眠れなくて頭の中でいろんな考えが回ってるので、書き出せば落ち着いて寝られるかもしれないと思い普段と違うこと書きます。

 

私が世の中で大嫌いなものの一つが医者

 

理由は簡単で、やつらは治せなくても金をとっていく

 

(同じ理屈で、家電とかの修理で直せないのに出張費だけとってくやつらも嫌いだけど割愛。)

 

単純な話お金がもらえなければ困るから、治せなくても診察したってことでお金をとっていくやつらの立場もわからないでもない。

 

けど、よく考えてほしい。患者だって暇つぶしに来ているわけではない。

医者も患者も同じ時間を消費している。

医者の方は診察代をせしめて問題ない。その時間の消費は無駄ではなかった。

 

患者は?

患者は問題も解決していなくてただ金をとられただけ

 

患者にとっては商売じゃないとは言え遊びに来てるわけじゃない

(中には仕事を休んでまで来ている人もいるでしょう。)

普通本来提供されるサービスを受けられなかったら返金でしょ?

でも医者は当然のごとく金をとってく。

 

私は実際、下痢が止まらなくなった時に、診察に合計約1時間、検査に約2時間かけました。

検査は身体の中に管を入れてものすごい痛い思いもした。

でも医者の答えは「何も異常なし。」

数時間の時間と、数万円のお金を無駄に消費しただけ。

(検査は保険対象外とかで満額支払いました。)

 

これが例えば飯屋なら我慢できる。

たまに「こんなもんに金を払わなければならないのか。」と思うほどまずい店があるが、それでも治せない医者に金を払うよりはましだと思える。

なぜなら、彼らは一応「代金分の料理を出す。」ということはしているからだ。

つまり、クォリティーはともかく代金分のサービスの提供はきちんとしているので納得できる。 

 

あなたはどうですか?

例えば以下のような状況だったらあならは納得しますか?

 

例)

ある飯屋であなたは●●を注文しました。

あなた「●●を一つお願いします。」

店「は~い●●いっちょ~う」

……

店「お客さんすいません。作ろうとしたんですけど、作れませんでした。お代は700円になります。」

 

上の例えの状況にあったとして……

……あなたお金払います?

 

払いませんよね?

「注文したものがでてこなかったのに何でお金を払うんだよ(怒)」ってなりません?

 

でも、医者ってこれじゃないですか?

注文(治療)をしたのに、料理だせません(治せませんでした)けど料理代(治療代)はいただきます

 

せめて「診察するも原因解明できず。」ってなったら満額保険で賄ってほしい。

 

あと、タイトルとは変わるけど、医者がどいつもこいつもこっちがいくら訴えても「異常ないのはないんだよ。」ってまるでこっちがおかしいみたいな態度なのが非常に不快。

あの瞬間はほんと医者って患者を金蔓にしか思ってないんだなと感じる。

 

「いやそう異常ないって言われても実際痛いんですよ」

「え~だって異常ないもんはないもん。大学病院で検査でもしてもらう?」 

 

非常に投げやりで不快。大学病院への案内だって何か根拠があって進めているのでなく適当に言ってるだけ。

あとどうでもいいですけど、医者って頭いいからか基本患者見下してる節ありません?

敬語全く使わないか、最初は使ってても途中から適当だったりため口になってく人ばかり。私の医者運が悪いだけですか? 

 

ちなみに私は今左耳の中でたまにゴトゴト音が鳴ります。

最初はゴミかなんかが入ったのかと思って耳鼻科行ったのですが、異常なし。

2件回って2000円だけ取られて何も得るものはありませんでした。

 

その時も大学病院を進められましたがアホらしくて以来約2年ほっといています。

というのも、先に書いた下痢の件は耳の件よりも3年ほど前のことですが、この時もクリニックを3件ほど回って無駄金を費やし、医者の進めるままに大学病院に行ったという経緯でしたから、既に医者に対して不満と不信しかなくなってたからです。

 

私が行ってもよいと思うのは歯医者くらいですね。

歯医者で「わからない。」と言われたことないですから。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事については以上です。

いままでは基本食事に関することだけ書いてきましたけど、今回からなんの脈絡もないことも書くかもしれません。

というのも私は中学から不眠症です。

暗くなると考え事がものすごくてまったく寝付けません。

いろいろ本を読んだ結果、睡眠関係ではなかったですが、脳を有効に使うための本に「脳に無駄な情報をためない。余計な情報や考え事はブログでも紙でもなんでもいいから書き出すこと。一度アウトプットすると脳からその情報が消える。」

とありましたので、睡眠改善に考えたことをとりとめなく書くかもしれません。

UberEATSや食べ歩きの記事は、少しでも誰かの役に立つようにと、つまり読んでもらうことを前提に書いてきましたが、今後は読み手を無視した記事を書くことになるかもしれません。

 

以上です。

ありがとうございました。